マッハシステムの家MACH SYSTEM

フルオーダー全館空調システム

マッハシステムの仕組

Pickup 1 空調室

小屋裏などに設けられた空調室で、各部屋から戻ってきた空気に、外からの新鮮な空気をミキシングします。その空気は空調室に入る前にフィルターで浄化されます。また、外気については熱交換器を通すため温度と湿度もある程度調整されています。つまり、この部屋できれいで心地いい空気をつくるわけです。

Pickup 2 エアコン

空調室には家庭用のエアコンが備え付けられています(40坪の延べ床面積の建物に14畳用(5.6kw)エアコンが標準)。フィルターで浄化された空気は、エアコンで温度と湿度を調整します。
※住宅の条件などによってエアコンの大きさは変化します。

Pickup 3 給気グリル

新鮮な空気は、PM2.5(97%)まで除去するフィルターを通して①の空調室に導入され、室内の循環空気と混合、エアコンで調温された後、各部屋に換気グリルから給気されます。
※PM2.5対応フィルターはオプションです。

Pickup 4 排気グリル

新鮮な外気で希釈され、室内を循環した空気は、最後トイレや納戸・キッチンなどから室外に排出されます。

Pickup 5 コントロール

給気は、各部屋に取り付けられたコントローラーで風量調整することができます。

Pickup 6 床下天井吹き出し

床下も天井裏に空調室から調達された新鮮な空気が吹き込まれています。夏は屋根裏が涼しく、冬は床が暖かく感じられることになります。建物が床下から天井裏まで温度と湿度を快適にコントロールされる事で、耐久性が向上します。

8月の室温状況

エアコン設定温度 26℃
外壁面積温度   28℃
床表面温度    27℃
家全体にそよ風が流れている感じがし、体感温度は27℃ですが非常に心地よく、玄関を開けたとたんに涼しく感じます。
1階と2階の温度差もなく不快な感じは一切ありません。

2月の室温状況

エアコン設定温度 21℃
外壁面積温度   18℃
床表面温度    19℃
設定温度は21℃ですが、家じゅうぽかぽか。脱衣室・浴室もあったかで家じゅうの温度差が2度未満。ヒートショックは起こらない住宅です。
冬場は太陽の日の当たり方によって室温は変化します。西日等あたる部屋は高めに温度が出ることがあります。太陽の光は大切ですね。

室温と病気の関係


循環器系の疾患(心筋梗塞・脳血管疾患など)は気温の下がる冬に増加しています。
「ヒートショック」もその一つで、寒い脱衣室と暖かい浴室との急激な温度差で引き起こされることが分かっています。
全館空調システムのマッハシステムでは、脱衣室も暖かくその心配はありません。また温熱環境が良くなると循環器系疾患の改善のみならず。ぜんそくやアトピー改善の報告も受けています。家全体が暖かくなることで、活動的にもなり健康改善につながります。

ランニングコストとイニシャルコスト


このマッハシステムは通常の全館空調システムよりランニングコストがかかりません。
それは高効率エアコン1台とDCモーターの換気扇のみを使っている単純な構成のためです。実際当社施工のオール電化の建物の電気代です。
シンプルな構成のためイニシャルコストも抑えることができます。(エアコンは1台でOK)何年後かにエアコンの調子が悪くなった時も修理や買い替えは1台で済みます。
住環境だけでなく懐にも非常に優しいシステムです。

体感温度について


私たちは同じ温度の部屋にいても体感温度が違います。
人が暑いと感じたり涼しいと感じたりするのは室温のみに原因があると誤解されがちですが、室温=体感温度ではありません。体感温度は室温だけに影響を受けるわけでなく、身の回りの物体から出る輻射熱にも大きく左右されます。
ちなみに体感温度は以下のように感じられるといわれます。マッハシステムの家は、壁床天井の平均温度と室温が1〜2度しか変わりません。そのため夏・冬の設定温度を低く設定しても大丈夫です。実際夏場のエアコン設定が26℃で室温が平均27℃、床壁天井の平均温度は28℃です。そのため27℃の室温でも快適で涼しく感じます。理想の空気環境がここにあります。

メンテナンス時期と方法

[2週間に1回程度]

フィルターBox内清掃

24時間吸排気のダクトフィルターの掃除
※小さな虫等が入っていることがありますので注意してください。

リターンガラリのフィルター清掃

(フィルターを取りはずし掃除機でホコリを吸い取って下さい。汚れのひどい場合は中性洗剤をうすめて押し洗いして下さい。)

[2ヶ月に1回]

送風機

フィルターの汚れチェック及び清掃

※リターンガラリを通って入るのでほとんど汚れませんが定期的にチェックをお願いします。

PAGE TOP