注文住宅なら山口県山口市の工務店【株式会社トピア】

0120-20-9191

お問い合わせ

v2.lk「光と風と熱のデザイン」<span>PASSIVE DESIGN</span> - 株式会社トピア

v2.lk「光と風と熱のデザイン」PASSIVE DESIGN

パッシブデザインで行う5つの設計手法と効果

~四季を通じて光と風と熱をコントロールし、自然の力を利用して快適に暮らす~

1 断熱・気密


トピアの完全外断熱工法で冬は室内の熱の逃げを小さくし、外の熱を取り入れ夏は外からの熱の入りを小さくし、冷暖房設備への依存率を減らして室温を確保します。
また、全棟気密測定(平均値C=0.5)を行い、漏気による熱の損失を少なくしています。
高性能樹脂サッシを使用し、窓からの熱の出入りをコントロールします。

外断熱

dannetsu
dannetsu02

特徴
①基礎から屋根まで建物外側に断熱するため、断熱材の切れ目がなく、気密もしっかりとれる。(断熱材の欠損ない)
②壁の中での結露がおこりにくく構造材が健康な状態が保たれるため、ダニ・カビの発生が抑えられるとともに、強度も長期間維持できる。
③住宅内部の各部屋の温度差が少ないことで、ヒートショックによる室内事故も少なくなり、行動量も増え健康維持ができる。
④気密を断熱材で取っているため、計算通りの熱損失が期待できる。また、計画的な換気ができる。(全棟、気密測定を実施。C値1.0以下)
⑤基礎を外断熱としているため地熱の利用ができ、床下は冬暖かく、夏涼しい環境が実現できる。

2 日射遮蔽

「夏涼しく」を実現するために、何より大事なのが日射遮蔽です。
特に窓から入る日射を最大限に少なくすることがポイントでこのことにより、冷房エネルギーや夏のエアコン代を削減することが出来ます。
手法としては、軒の出を大きくとる、樹木によって日陰を作る、地熱の利用を行う、東、西、北側は遮熱効果のあるガラスを使用する等があります。

3 自然風利用

家の中を風が通り抜ける設計にすることで室内温度を下げ、また、たまった熱を排出できます。建築場所の卓越風を意識して風を呼び込める袖壁やウインドーキャッチャーを設置すること等で通風をデザインします。

4 昼光利用

「日中は照明器具の光より、太陽の光で過ごす」
昼間の明るさを住宅室内に取り入れて人工照明の利用を減らし、照明エネルギーの削減をします。窓配置を検討し、自然光のみでなるべく家の中を明るくする。平面的に光の入りにくい場所は、高窓やトップライトを検討し立体的に光を取り入れます。

 

5 日射熱利用

冬季に開口部(南側)から日射熱を取得し、室内の温度を上げ、暖房エネルギーの削減をはかります。
南側には太陽熱取得型のガラスを利用し、室内に取り入れた太陽熱を蓄熱する工夫も行い(土間等の沿道)、地熱も利用します。

蓄熱土間

 

 

 

パッシブデザイン+α

パッシブデザイン+二重通気+リフレア=ソーラーサーキット

暑くて、寒い日本に適した家づくり。暑さ・寒さ・湿気に強い家が求められます。その為には、断熱性と通気性という矛盾した性能を両立させる必要があります。それを解決したのが「ソーラーサーキットの家」です。

パッシブデザイン+エアコン1台で全室空調

春は花粉症が家の中でも攻撃してくる、夏は熱帯夜で眠れない、冬は寒くて布団から出るのがつらい。気候による問題を解消し、家のどこにいても一定の温度の中で暮らす。赤ちゃんからご年配の方まで、すべての人にやさしい空調システムです。

パッシブデザイン+エアプラス

エアプラス®で空気をキレイに

エアプラスエアプラス®は人のカラダにプラスになるキレイな空気を作り出す建築技術です。

エアプラス®がキレイな空気を生み出すには訳があります。
これまでの住まいは健康への影響だけを考えて家を薬漬けにしてきました。やがて、昔の住まいにはなかったシックハウス症候群として、家が病気の原因になってしまいました。
こういった住宅には微生物が関与しているため、住まいとの相性が良い乳酸菌を選びだし、住まいに応用することで、薬に頼らない健康な住まいを実現しました。

 

良質な木材で家を造るということ

パッシブデザイン+優良県産材

古くは奈良・東大寺の再建にも使われた、山口県の木。山口で住まいの設計から施工までを一貫して行っているトピアでは、ふるさとの自然が育てた「やまぐちの木」を建材として採用しています。

高品質な「やまぐちの木」

「やまぐちの木」は調湿性 や断熱性に優れ、生活の中に自然の豊かさを感じさせます。木の香りや温もりは、住む人の心のやすらぎへとつながり、健やかな毎日、豊かな人生を楽しむ手助けをしてくれることでしょう。

健康で省エネで永く住める家を造るということ

トピアの家は長期優良住宅仕様が標準です。
・耐震等級2
・省エネルギー対策等級4
・維持管理対策等級3
・劣化対策等級3

防蟻について

トピアが行っている防蟻処理はホウ酸塩を主成分とする薬剤(エコボロン)です。

エコボロンの特徴

・目薬にも使われる成分で人体には無害。
・ヤマトシロアリ・イエシロアリだけでなく、カンザイシロアリにも効く。
・揮発性が無く、一度塗布すれば効果が長期間続く(10年保証)
・揮発性が無いため、高気密住宅に使用しても室内空気を汚すことがない。

アフターメンテナンス

お引渡しから1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月・1年・2年・5年・10年のタイミングでお伺いし、問題個所がないか点検しています。
問題が発生した場合は、その都度調査・対応を行っています。

保証について

トピアの自社保証だけでなく、地盤保証・瑕疵保証・シロアリ保証を行っています。

PAGE TOP