「光と風と熱のデザイン」topia passive design

1年中光と風を感じられる家づくり

自然に逆らわず、自然と共生する家づくり
=パッシブデザイン

 

 

太陽光・風・熱・地熱。
自然エネルギーを活用した快適な家づくり。

機械に頼らず、建物のつくり方を工夫して建物の周りにある自然エネルギー(太陽光・風・熱・地熱)を最大限に活用、調節できるようにした設計手法の事です。
室内を冬暖かく、夏涼しくするため、電気やガスなどへの依存率が減少し省エネでありながら、快適で健康的な暮らしを実現することが出来ます。

日光を遮り、心地よい風が通り抜ける

 

 

パッシブデザインの家は、真夏の暑い日でも涼しく過ごす事ができます。

 

ぬくもりを逃がさない室内。差し込む日光の暖かさ。

 

パッシブデザインの家は、寒い雪の日も暖かく快適に過ごす事ができます。

パッシブデザインを実現する、
トピアの設計力

難しい土地ほど力を発揮する設計のプロフェッショナル。

自然エネルギーを活用するパッシブデザインは、その土地の気候を熟知し、設計の経験・技術を必要とする難易度の高い設計技術です。山口県の土地柄を熟知し、高度な設計力を備えたトピアだからこそ安心して任せられる家づくりです。

パッシブデザインのしくみ

熱を逃がさない

トピアの完全外断熱工法で冬は室内の熱の逃げを小さくし外の熱を取り入れ、夏は外からの熱の入りを小さくし、冷暖房設備への依存率を減らして室温を確保します。

山口市の家づくりはトピア 工務店トピアの完全外断熱工法

 

四季を通じて光と風と熱をコントロールし、自然の力を利用して快適に暮らす。トピアの完全外断熱工法についてのご紹介します。

 

完全外断熱工法について詳しくはこちら

 

日射を遮る

「夏涼しく」を実現するために、何より大事なのが日射遮蔽です。
特に窓から入る日射を最大限に少なくすることがポイントでこのことにより、冷房エネルギーや夏のエアコン代を削減することが出来ます。

自然な風を通す

家の中を風が通り抜ける設計にすることで室内温度を下げ、たまった熱を排出できます。

光を入れる

「日中は照明器具の光より、太陽の光で過ごす」
昼間の明るさを住宅室内に取り入れて人工照明の利用を減らし、照明エネルギーの削減をします。窓配置を検討し、自然光のみでなるべく家の中を明るくする。平面的に光の入りにくい場所は、高窓やトップライトを検討し立体的に光を取り入れます。

太陽の熱を入れる

冬季に開口部(南側)から日射熱を取得し、室内の温度を上げ、暖房エネルギーの削減をはかります。

 

パッシブデザインをさらに快適に

パッシブデザイン+二重通気+リフレア
=ソーラーサーキット

暑くて、寒い日本に適した家づくり。暑さ・寒さ・湿気に強い家が求められます。その為には、断熱性と通気性という矛盾した性能を両立させる必要があります。それを解決したのが「ソーラーサーキットの家」です。

パッシブデザイン+エアコン1台で全室冷暖房

パッシブデザイン+エアプラス

エアプラス

エアプラス®は人のカラダにプラスになるキレイな空気を作り出す建築技術です。

ずっと快適に過ごせるように。
トピアの家づくり

調湿性・断熱性に優れ、選別された優良県産木材を使用

「やまぐちの木」は調湿性 や断熱性に優れ、生活の中に自然の豊かさを感じさせます。
古くは奈良・東大寺の再建にも使われた、山口県の木。山口で住まいの設計から施工までを一貫して行っているトピアでは、ふるさとの自然が育てた「やまぐちの木」を建材として採用しています。

耐震・省エネ・健康設計

トピアの家は長期優良住宅仕様が標準です。

耐震等級 2以上
省エネルギー対策等級 4
維持管理対策等級 3
劣化対策等級 3

 

シロアリ被害を防ぐ

トピアが行っている防蟻処理はターミダンシート(防蟻シート)保証の継続です。

アフターメンテナンス

お引渡しから1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月・1年・2年・5年・10年のタイミングでお伺いし、問題個所がないか点検しています。
問題が発生した場合は、その都度調査・対応を行っています。

保証について

トピアの自社保証だけでなく、地盤保証・瑕疵保証・シロアリ保証を行っています。

 

PAGE TOP