光・熱・風「生命ある家」 – topia Passive Design

トピアの大事にしている家づくりの考えかた「生命ある家」

自然に逆らわず、自然と共生する家づくり=パッシブデザイン

パッシブデザインとは?

「パッシブ」は「アクティブ=能動的」の対義語で、受動的という意味です。

エアコンやファンヒーターなどの機械エネルギーに頼らず、ありのままの自然エネルギーを利用して、快適な家づくりを行うという設計手法のことをパッシブデザインと言います。

 

設計力や提案力など高度な設計力を必要とするパッシブデザインですが、機械的なエネルギーに頼らずに末永く快適な家で生活することができます。

「生命ある家」の特長

太陽光・風・熱・地熱。自然エネルギーを活用した快適な家づくり。

トピアのコンセプトである「生命ある家」づくりは、自然エネルギー(太陽光・風・熱・地熱)を最大限に活用するパッシブデザインなどの設計手法により、季節を通じて省エネでありながら快適で健康的な暮らしを実現します。

日光を遮り、通り抜ける心地よい風のある暮らし

パッシブデザインの家は、真夏の暑い日でも涼しく過ごす事ができます。

ぬくもりを逃がさない室内。陽だまりの暖かさのある暮らし。

パッシブデザインの家は、寒い雪の日も暖かく快適に過ごす事ができます。

パッシブデザインのしくみ

パッシブデザイン5つのポイント

熱を逃がさない設計

冬はあたたかく、夏は涼しく。

高断熱・高気密の家にすることで、寒い冬の季節でも熱を逃がさず快適な空間を作ります。トピアの完全外断熱工法は、家をすっぽりとおおうように密閉し、通常の工法より高断熱・高気密の家を実現しています。

エアコンを使わなくても過ごしやすい暮らしを実現するパッシブデザインの設計です。

 

トピアの完全外断熱工法は、構造材の外側に断熱材を用いて、断熱層を設ける工法です。 構造材等の熱橋による影響を受けずに断熱化できることが特徴です。

トピアの完全外断熱工法は、家をすっぽりとおおうように密閉し、通常の工法より高断熱・高気密の家を実現しています。四季を通じて光と風と熱をコントロールし、自然の力を利用して快適な住まいを実現する効果的な工法です。

日射を遮る

太陽の日差しをしっかりとバリア。

すだれやグリーンカーテンのように昔から日射を避けることで、暑さを緩和する知恵がありますが、夏を涼しく過ごすには日差しを遮断することが大事です。

日中の強い日差しは窓ガラスを通じて入ってきます。窓ガラスに日差しを遮断するような素材のガラスを使って日差しを防いだり、庭木で日射を防ぎます。換気で空気が循環するような仕組みや照り返しを防ぐような仕組みにより、夏過ごしやすい家の設計を行うのがパッシブデザインの考え方です。

自然な風を通す

心地よく部屋中を風が通り抜ける設計。

家の中を自然な風が通り抜けるような設計にすることで、室内温度を下げ、たまった熱を排出できます。袖窓や出窓など、ウィンドキャッチャーと呼ばれる風を呼び込む仕組みを設置したり、引戸や欄間を採用することで室内で風の流れを確保できるよう設計を行います。

このようなパッシブデザインに基づいた設計の工夫により、エアコンなどに必要なエネルギーを10~30%軽減できます。

光を入れる

自然の光を入れて照明をつけなくても明るい家。

日中は電気をつけなくても太陽の光で過ごせるような、室内の明るい家になるように設計するのもパッシブデザインの設計の考え方です。

太陽の光が室内に入るように、昼の光が入るような開口部を作り室内の明るさを確保したり、吹き抜けや欄間などを設置することで部屋の奥に光を導くような設計を行います。

このような設計の工夫により、照明につかうエネルギーを2~10%削減することができます。

 

太陽の熱を入れる

太陽の温もりを取り入れることで冬でも暖かい家。

冬の寒い日は限られた太陽の温もりをしっかりと家にためておくことで、冬の間に必要となる暖房のエネルギーを5~40%削減することができます。

熱の逃げにくい開口部から太陽の温もりを集める、冬の光を取り込むよう南向きの開口部を作る、床や壁や天井に蓄熱効果のある材料を作るなど、太陽の熱を取り込み、部屋の中に留まらせるような設計を行うのもパッシブデザインの考え方です。

設計力があるからこそ提案できるパッシブデザイン

トピアの設計士は難しい土地ほど力を発揮する設計のプロフェッショナル

設計の工夫で自然エネルギーを活用するパッシブデザインは、その土地の気候を熟知し、高度な設計の経験・技術を必要とする難易度の高い設計技術です。

山口県の土地柄を熟知し、高度な設計力を備えたトピアだからこそ安心して任せられる家づくりです。

住宅性能をプラスして、パッシブデザインをさらに快適に

空調と換気のシステムを一体化させることで、エアコン1台で家中の冷暖房・換気・空気清浄などを行える省エネ全館空調が「マッハシステム」です。特許があり認定工務店でしか施工できない全館空調システムです。

【マッハシステム】パッシブデザイン+エアコン1台で全館空調

花粉症のつらい春も、熱帯夜で寝付けない夏も、寒くて布団から出られない冬も、家の温度を一定にすることで気候に影響される問題を解消し、住みやすい日々が続きます。赤ちゃんからお年寄りまで、人間だけでなくペットにも優しい全館空調のシステムがマッハシステムです。

パッシブデザインの考え方で設計された建物をベースに全館空調のシステムを導入することで、電気代が驚くほど安くなり、真冬の寒さや真夏の暑さの中でも温度が一定に保たれ、住み心地の良い毎日を過ごせます。エアコン1台で全館空調を行うため、特殊な機会を使わず、メンテナンスも楽々です。

【ソーラーサーキットの家】パッシブデザイン+二重通気工法+リフレア


ソーラーサーキットの家とは、高断熱工法により気密性を高めた家に対し、夏は外からの風の流れを作り、冬は家の内部で熱が循環するような二重通気工法を施すことで、1年中過ごしやすい暮らしを実現する工法のことです。

さらにリフレアという全館除湿というコンセプトが組み合わさり、さらに快適な家づくりを実現します。

暑くて、寒い日本に適した家づくり。暑さ・寒さ・湿気に強い家が求められます。その為には、断熱性と通気性という矛盾した性能を両立させる必要があります。それを解決したのが「ソーラーサーキットの家」です。

トピアらしさは「ずっと快適に過ごして欲しい」という想いから

やまぐちの木を採用しています


「やまぐちの木」は調湿性や断熱性に優れ、古くは奈良・東大寺の再建にも使われました。生活の中に自然の豊かさを感じさせる優れた木材です。

トピアでは、ふるさと山口県の自然が育てた「やまぐちの木」のなかでも、選別された優良県産木材を建材として採用しています。

次世代に住み継ぐことができるような高品質な住宅の認定制度

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」という法律が施行され、長く快適に住むことができるような一定基準の性能を満たした高品質な住宅を認定する制度が生まれました。長く住み継ぎ、次世代でも快適に過ごせるような家づくりを促進する法律です。

このような法律の条件を満たした家は、

  • 家を建てるときや名義を変更する際に必要となる登録免許税が引き下げられる
  • 家を建てるときに必要な不動産所得税について控除額が拡大される
  • 固定資産税の減免期間が延長される

などのメリットがあります。

トピアの家は長期優良住宅仕様が標準ですので、このようなメリットを受ける条件を満たしています。

耐震等級 2以上
省エネルギー対策等級 4
維持管理対策等級 3
劣化対策等級 3

シロアリ被害を防ぎ、防湿効果も高いターミダンシート

ターミダンシートは日本シロアリ対策協会、日本木材保存協会から認定を受けた防蟻・防湿シートです。土壌面に敷いて、シロアリと湿気をシャットダウンし、効果が長期に持続され人体・環境にも安全であることが認定されています。

 

関連する投稿

  • 『 1985アクション 』 with トピア

    トピアの大事にしている家づくりの考えかた「生命ある家」 自然に逆らわず、自然と共生する家づくり=パッシブデザイン パッシブデザインとは? 「パッシブ」は「アクティブ=能動的」の対義語で、受動的という意味です。 エアコンやファンヒーターなどの [...]

  • 新価格!1棟限定 モデルハウス販売いたします

    トピアの大事にしている家づくりの考えかた「生命ある家」 自然に逆らわず、自然と共生する家づくり=パッシブデザイン パッシブデザインとは? 「パッシブ」は「アクティブ=能動的」の対義語で、受動的という意味です。 エアコンやファンヒーターなどの [...]

家づくりを検討している方も、家づくりが大好きな方も、是非お気軽にご来店ください。

これから家づくりをはじめようとされている方、他の住宅メーカーや工務店で検討していても構いません。家づくりをしていなくても、家づくりが好きな方でも構いません。まずはトピアの家づくりを知っていただきたいと思っています。

山口市朝田にある展示場兼事務所「アサダカフェ」は、自ら建築士であるトピアの曽田社長が、理想のおもてなしの場・理想の職場として設計し作り上げた、トピアの家づくりを代表するような場所です。家づくりの楽しさ、理想の住まいのヒントを見つけていただくための場所です。

小さなお子様連れでも構いません。キッズスペースもあり、ゆっくりできる場所になっています。コーヒーなどを飲みながら、気軽にお話ししましょう。ワークショップや見学会なども行っております。

是非一度お立ち寄りいただければと思います。担当のものがいない場合もありますので、ご来店時は一度お電話かメールなどでご希望日時をお教えいただければと思います。

新築・リノベーション、ショップデザインまで。家づくりに関することはお気軽にお問い合わせください!

083-928-5566

受付時間 8:00-17:00/定休日 水曜・隔週日曜・祝日

お問い合わせ・資料請求

メールは24時間受け付けております。

ソーシャルボタン

こちらの記事も読まれています。

PAGE TOP