お問い合わせ

column トピアコラム

吉敷モデルハウス

2021年8月26日

吉敷モデルハウス

 

 

昨年12月にOPENした ”吉敷モデルハウス”

1月から6月までの住環境と消費電力をまとめました。

 

【1月~2月】

平均気温が、前年より3℃近く低く4.2℃ エアコンを22℃の暖房で24時間連続で運転。

室温は1階、2階共 23.5~24℃で、安定していますが、湿度が35%前後と過乾燥気味です。

途中、昼間に運転を停止したり、設定温度を下げたり、風量を上げたりと室内環境の変化を実験しました。

エアコンを停止して室温が2~3℃下がるのには、建物の性能が良いのでかなり時間を要します。

1/21~ 加湿器を設置して、湿度50パーセント設定で連続運転を開始しました。

 

 

【3月~4月】

3月になると平均気温が10℃を超え、寒さも少し和らいできました。

エアコンの設定温度を20℃、昼間は運転しない日も増えました。

加湿器も、昼間のみ湿度50%で運転しています。

室温21℃~22℃、湿度45~50%で、快適な状態です。

4月は外気温が10℃を下回る時だけ20℃設定で運転しています。

電気代も、かなり節約できています。

 

 

【5月~6月】

5月に入り、エアコンと加湿器の運転を停止しました。

5/15から梅雨入りし、じめじめした日が続きます。

室温22~23℃、湿度55~60%で安定した状態です。

6/19からエアコン25℃の除湿運転を開始しました。

室温25~26℃、湿度50~55%で安定。

 

 

エアコンは、冷房運転より暖房運転の方が負荷が多く、消費電気代が高くかかります。

パッシブの考え方で、天気の良い昼間は、南側のサッシから光(熱)を取入れ蓄える事で節電になりますし、洗濯物を室内に干す事で加湿効果もあります。

生活のスタイルに合わせて使い分けする事が出来ます。

 

吉敷モデルハウスの温度、湿度のデータは http://webfha.jp/view?target=topia

リアルタイムで確認できます。

次回は、夏場の状況をお知らせ致します。

 

工務部 山田

eyecatch

見学会 お礼

eyecatch

新型コロナウイルス感染症