お問い合わせ

Philosophy トピアの家づくり

パッシブデザイン
×
外断熱
×
マッハシステム

  • パッシブデザイン
  • 外断熱
  • マッハシステム

topia Passive Designパッシブデザイン

自然に逆らわず、自然と共生する
家づくり=パッシブデザイン

「パッシブ」は「アクティブ=能動的」の対義語で、受動的という意味です。
エアコンやファンヒーターなどの機械エネルギーに頼らず、ありのままの自然エネルギーを利用して、快適な家づくりを行うという設計手法のことをパッシブデザインと言います。

断熱気密
断熱気密熱を逃さない
日射遮藪
日射遮藪日射を遮る
自然風利用
自然風利用自然な風を通す
昼光利用
昼光利用光を入れる
日射熱利用
日射熱利用太陽の熱を入れる

「パッシブデザイン」の特長

自然エネルギーを活用した家づくりは自然エネルギー(太陽光・風・熱・地熱)を最大限に活し
季節を通じて省エネでありながら快適で健康的な暮らしを実現します。

外の暑さを遮り、室内の涼しさは逃がしません。
太陽の光は軒や庇で遮り涼しくします。
落葉樹を植えることで日陰を作ります。
風の通りを考えて自然の風を立体的に通します。

パッシブデザイン夏の場合

外の寒を遮り、室内の暖かさは逃がしません。
太陽の光を室内に取り込みます。
落葉樹は、冬になると葉が落ちて日差しを遮らず家に太陽熱を取り込みます。

パッシブデザイン冬の場合

設計力があるからこそ提案できるパッシブデザイン

トピアの設計士は難しい土地ほど力を発揮する設計のプロフェッショナル。
設計の工夫で自然エネルギーを活用するパッシブデザインは、その土地の気候を熟知し、高度な設計の経験・技術を必要とする難易度の高い設計技術です。

山口県の土地柄を熟知し、高度な設計力を備えたトピアだからこそ安心して任せられる家づくりです。

パッシブデザインの事例を見る

eyecatch
02
eyecatch
17
eyecatch
5

パッシブデザインをより快適にする完全外断熱工法

1

四季を通じて光と風と熱を
コントロールし、
自然の力を利用して快適に暮らす

こうだんねつ高断熱
こうきみつ高気密

トピアの完全外断熱工法で冬は室内の熱の逃げを小さくし、
外の熱を取り入れ夏は外からの熱の入りを小さくし、冷暖房設備への依存率を減らして室温を確保します。
また、全棟気密測定(平均値C=0.3)を行い、漏気による熱の損失を少なくしています。
高性能樹脂サッシを使用し、窓からの熱の出入りをコントロールします。

快適なのには理由がありますトピアの
完全外断熱工法の仕組み

トピアの完全外断熱工法は、構造材の外側に断熱材を用いて、断熱層を設ける工法です。
構造材等の熱橋による影響を受けずに断熱化できることが特徴です。

トピアの完全外断熱工法の仕組み 図1 トピアの完全外断熱工法の仕組み 図2

完全外断熱工法の特徴

  • (1)基礎から屋根まで建物外側に断熱するため、断熱材の切れ目がなく、気密もしっかりとれる。(断熱材の欠損ない)
  • (2)壁の中での結露がおこりにくく構造材が健康な状態が保たれるため、ダニ・カビの発生が抑えられるとともに、強度も長期間維持できる。
  • (3)住宅内部の各部屋の温度差が少ないことで、ヒートショックによる室内事故も少なくなり、行動量も増え健康維持ができる。
  • (4)気密を断熱材で取っているため、計算通りの熱損失が期待できる。また、計画的な換気ができる。(全棟、気密測定を実施。C 値 0.5 以下)
  • (5)基礎を外断熱としているため地熱の利用ができ、床下は冬暖かく、夏涼しい環境が実現できる。
トピアの完全外断熱
トピアの完全外断熱
  • 気密性が良い
  • 室温が均一
  • 地熱利用できる
  • 小屋裏空間を利用できる
  • 壁内の結露防止ができる
  • 外気の影響を受けやすい
  • 結露が起きやすい
  • 熱が逃げやすい
  • 小屋裏の温度に影響を受ける
  • 小屋裏空間に無駄ができる
  • 地熱利用不可
  • 冬は床が冷たくなる

トピアの
完全外断熱工法の事例を見る

eyecatch
04
eyecatch
02
eyecatch
03

エアコン一台で実現する全館空調システムマッハシステム

1

コストを抑えてメンテナンスも楽々
10年後・20年後を
見据えた生活設計

空調と換気のシステムを一体化させることで、
エアコン1台で家中の冷暖房・換気・空気清浄などを行える、
画期的な省エネ全館空調が「マッハシステム」です。
マッハシステムは特許出願済で、限られた認定工務店でしか施工できない全館空調システムです。
大掛かりな設備が必要で、家の中がダクトだらけになってしまう他の全館空調システムとは異なり、
大風量換気により、室内のCO2量の削減、また新型コロナウィルス/インフルエンザウィルスなど
ウィルス感染症に効果的な空調設計となります。メンテナンスも安心です。

10年後に

コストに差が出る
快適かつ節約設計

全館空調システムが実現する心地よさ

全館空調システムを導入すると、これまでにない驚くほど快適な毎日を過ごすことができます。
夏の暑い日も、冬の寒い日も、床下も、天井も、冬の寒い日のお風呂も。
部屋中隅々まで一定の温度を保ち、温度の計測値以上に体感温度を快適に感じられるようになります。

全館空調システムの空気循環イメージ
全館空調システムの空気循環イメージ
24時間
365日快適な
温度と湿度を
保ちます
家庭用
エアコン1台で
住まい全体を
空調
家庭用
エアコン1台で
住まい全体を
空調
メンテナンス
費用が安く
家計にも
やさしい
1

マッハシステムの費用について

マッハシステムはエアコン一台で全館空調を実現するシステムです。特別な設備がいらないため、家がダクトだらけになることもなく、
設置コストも抑えられます。また、10年後・20年後のメンテナンスもエアコンの修理・交換で済み、楽々です。

各部屋にエアコンを設置 マッハシステム 床暖房 その他全館空調
初期費用 50万円 150万円 150万円 230万円
空調電気代 2万円/月 6千円/月 2.3万円/月 2万円/月
使用時間 4台8時間/日 全館24時間/日 16畳10時間/日 全館24時間/日

マッハシステムのイニシャルコスト(導入費用)

全館空調システムは様々な種類がありますが、マッハシステムはランニングコストが小さいシステムです。それはマッハシステムが、エアコン 1台と換気扇のみを使うシンプルなシステムだからです。

住み続けるうちに全館空調システムの調子が悪くなった時も、他のシステムのように故障すると大掛かりなメンテナンスが必要にならず、エアコン1台及び送風ファンの修理や買い替えで済みます。住環境だけでなく懐にも非常に優しいシステムです。

マッハシステムのランニングコスト

24時間全館空調でエアコンがずっと稼働するにも関わらず、少ないランニングコストで稼働します。

トピアのマッハシステムの事例を見る

eyecatch
27
eyecatch
11
eyecatch
19